超硬ロータリーバーの正しい使い方

超硬ロータリーバーが変色したり、シャンクが折れたりすることはありませんか?それとも加工中に火花が出ますか?

PFERDでは、ロータリーバーを使用する際の典型的なエラーを回避する方法や解決策を見つけるお手伝いをしております。

荒い削り心地、強い振動、ロータリーバーの刃欠け

衝撃とびびりは、刃の摩耗につながり、刃の一部が破損する可能性があります。したがって使用する際は、衝撃荷重を避けることが不可欠です。

面接触角・挿入深さは円周の1/3以下してください。

そうしないと、スムーズに動作せず、刃の一部が破損する可能性があります。

もう 1 つの典型的な誤った使用法は、電動ドライバーや電動ドリルなどでバリを使用するときに十分な回転速度に達していないで使用している場合です。

速度が遅すぎるとスムーズに動作しないため、ロータリーバーが振動し始めたり、素材にぶつかったりするのを聞いたり感じたりします。

推奨される回転速度と切削速度の範囲内で、可能な限り最高の回転速度を使用することをお勧めします

火花が飛ぶ

火花が発生する原因の 1 つは、ロータリーバーを強く押し付けすぎることです。解決策は、接触圧力を下げることです。

火花のもう 1 つの原因は、回転速度が高すぎる場合です。

また、表面接触角がバリの円周の 1/3 以下であることを確認する必要があります。

すべてのパラメーターを推奨される使用方法に従って調整しても火花がまだ発生している場合は、刃に摩耗の兆候がないかどうかを確認する必要があります。

摩耗の兆候が見られる場合は、新しいロータリーバーを使用してください。

ロータリーバーの目詰まり

ロータリーバーが詰まる原因はいくつかあります。

一般的に、被削材が柔らかいほどロータリーバーのカットは粗くする必要があります。

したがって、最初にすべきことは、素材に適したカットを使用しているかどうかを確認することです

適切な切削をすでに使用している場合、PFERD HICOATコーティングを施した工具または研削油を使用することをお勧めします。

ロータリーバーの変色と頭部の分離

頭部(切断部)がシャンクから離れたり、切断部とシャンクの間の部分が著しく変色した場合は、回転速度、接触圧力、表面接触角を調整する必要があります。

推奨される回転速度を守り、接触圧力と表面接触角を減らします。

 

注: 高性能用途向けに設計された PFERD 超硬ロータリーバーを使用する場合、切削率が非常に高いため、青色に変色するのを防ぐことは非常に困難です。ただし、これは安全上のリスクを構成するものではありません。

シャンクが折れる

バシャンクが破損している場合、クランプシステムが損傷している可能性があります。使用しているクランピングシステムが損傷していないか確認し、損傷している場合は交換してください。

また、振動を防ぐのに役立つため、使用しているグラインダーが剛性があり、できるだけ強力であることを確認する必要があります。

摩耗の兆候

適切な使用方法と回転速度を使用しても、スムーズに動かない、振動が多い、火花がどんどん発生するなどの場合は、刃が摩耗している兆候です。

この場合、このロータリーバーの使用をやめて、代わりに新しいロータリーバーを使用する必要があります。

刃が摩耗してしまったロータリーバーは使用しないでください。